京都府北部(舞鶴市・綾部市・福知山市・宮津市・京丹後市)で自然素材・木を活かした、注文住宅・リフォーム・古民家再生

木を愛する…塩見工務店ブログ「健康・快適・幸せ」に暮らせる木の家専門店
〜自然素材の家・健康住宅〜

旦那様が立って小をした時に飛び散るのが悩みという奥様へ

こんにちは!

ブログ読んで頂きありがとうございます。

今回の家づくりお役立情報のコーナー 費用編は・・・

『旦那様が立って小をした時に飛び散るのが悩みという奥様へ』というテーマについて書いてみたいと思います。

思わず深呼吸したくなる健康・快適・幸せに暮らせる木の家づくりをしています。

京都府舞鶴市の木を愛する・・・塩見工務店

 

塩見智則です。

 

立って小をする?それとも座って小をする?

男の人は(ご主人は)、トイレで立って小をしますか?それとも座って小をしますか?

あのTOTOさんのアンケート調査によると、2004年は23.7%だった座って小が2009年には33.4%になったとのこと。

あれからさらに6年経っているので、もっと多い割合で座って小をしているかもしれませんね。

立って小をするとどうしても飛び散ってしまってトイレを汚してしまうのが大きな理由ですね。

 

ただ・・・座って小をするのがイヤだという方も

トイレが汚れないというのはいいことですが、座って小をすることがダメだと言う方もいるそうです。

中には、座って小をすると残尿の原因となり、最悪EDやガンの原因になる・・という説も。(どこまで正しい情報か分かりませんが・・・)

 

そんな健康的な理由の方もいるかもしれませんが、そもそも「男は立って小をするもんだ」「座ってするだなんて男の恥」などの思いで、座って小をするのがイヤだ・・・

という意見が多いみたいです。

 

立って小となると、どうしても尿の飛び散りは避けられないわけで、結局は掃除を誰か(奥さま?)がしなきゃいけない・・・ことになってしまうわけで、奥様の味方であるぼく(上のイラストでは裸ですが。笑)は「立って小をしても飛び散りを防ぐ方法」を考えてみました!

 

飛び散りにくい便器にする

そもそも「立って小問題」は昔から存在していて、それを解決する便器が開発されてもよさそうなものでしたが、いよいよ立って小をしても飛び散りにくい便器(panasonicの新型アラウーノ)が昨年発売されました。

↑便座を上げると自動で水位が下がり、泡がでます。その泡のクッションで飛び跳ねを防いでくれるとのこと。

実際に見ましたし、とあるお客様に納入もしていますが、けっこう効果があります。高価なグレードにはなりますが、悩み解消になるかもしれませんね。

 

小便器をつける

そもそも小専用の小便器をつけるというのが一番正攻法かもしれませんね。

資料 (37)

↑小便器をつけたトイレです。

このデメリットはトイレが広くしないといけないということ。トイレが広くなる分、他の部屋が狭くなるということもあるかもしれませんね。

 

2つのうち1つを男性専用にする

今や家一軒あたり、トイレを2か所つける場合が増えてきました。例えば2階のトイレを男性専用と設定して、さらに思い切って大便器じゃなくて小便器にするという案。

これはあまり見かけませんし、やったこともありませんが、結構いい案だと思いませんか?ナイスアイデア~笑

 

まとめ

あくまで立って小をするか、座って小をするかはそれぞれのご判断ですが、トイレはキレイに保ちたいですよね。

ぼくから提案できるのは設備の話ですが、掃除をまめにする、自分で掃除するというようなことも大切になってきますね。一人で使うわけじゃないので、お互いのことを思いやるのが一番大事ですね。

☆こちらの記事も参考にどうぞ!

・『家づくりにかかる費用』の疑問について書いた記事をまとめてみました

コチラをクリック

これから楽しい家づくりをはじめる前に知っておきたい家づくりお役立ち情報書いた記事をカテゴリーごとにまとめてみました。

コチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー